【つみきレコード:CD「つむひかり」】ショーケース展示10月15日まで

札幌スタイルショーケース、2019年10月1日(火)~10月15日(火)までの展示は、つみきレコードの金森浩太さんのギターインストゥルメンタルCD「つむひかり」です。

金森浩太さんは、クラシックギターでオリジナル曲を奏でるギター奏者。

作品は穏やかなインストゥルメンタルで、「日々をそっと彩る小さな音楽」とご本人が仰る通り、そよ風のようにそっと寄り添い、優しく包んでくれる癒しの調べです。

2011年、拠点を東京から故郷の札幌に移し、ご夫婦で「つみきレコード」というレーベルを立ち上げ活動をスタートされました。以来、イベントやお店でライブをしたり、曲をつくったり。2019年7月に5枚目となる最新アルバムがリリースされ、精力的に活動を広げています。 


そんな金森さんに、今回のショーケース展示についてお話を伺いました。


Q1今回の展示のテーマ、メッセージについて教えてください

「陽だまりの中で過ごす幸せな午後。そんな時間が永遠に続いて欲しい。」という、自分がギターで伝えたいイメージ、今の活動の当初からの想いを形にしたのが今回の展示のテーマとなってます。自分の大好きな「お昼寝のひと時」というテーマでもあります(笑)。

 

Q2自己紹介、ご自身の取り組みについてお願いします

あたたかな音色でそよ風や川のせせらぎのように、そっと日々を彩るギターを奏でる活動をメインにしております。どんな場所、時間でも邪魔をせずに、静かに寄り添うギターを意識しています。

自分のスタイルはあえて音を減らす引き算、元々の空間を生かす「しなやかで柔らかな」音色でして、そこが札幌という街が持つ雰囲気とも合ってるかなと思ってます。最近はさらにもう一歩踏み込んだ音の手紙もイメージして奏でてます。

 

Q3これからの予定、PRしたいこと、告知したいことなどあれば教えてください

2019年の7月に5枚目の新作CD「さらさら遠く」が発売になり、様々な場所での演奏をと思ってます。今までは活動する場を選んでたところもありましたが、これからは広い会場や賑やかな雰囲気の場所など、今までとは違うフィールド、雰囲気の中での演奏もチャレンジしたいです。

1枚目「つむひかり」から5枚目「さらさら遠く」、5枚ともそれぞれの色合いと個性のあるアルバムです。日々のお供となるお気に入りの一枚を見つけてもらえたらと願っております。

-----

お話の中で、「あえて音を減らす」「もともとの空間を生かす」というのが印象的でした。
確かに、チエモクショップでもBGMで使わせて頂いてもう7年目になりますが、本当に空気のように自然でお客様との会話を邪魔しない、それでいてずーっと聴いていても飽きない、そんな音楽なのです。

皆さんの毎日の暮らしの中でも、BGMとして取り入れてみてはいかがでしょうか。きっと、毎日の家事やお仕事の素敵な応援団になってくれることと思います。

(チエモク 三島・記)



●札幌スタイルショーケース展示期間
期間 2019年10月1日(火)~10月15日(火)
場所 札幌スタイルショーケース(地下鉄東西線大通駅コンコース・定期券売り場並び) 

 

【CDお取り扱い店】
チエモクファクトリーショップ小別沢
喫茶つばらつばら
カフェギャラリー オマージュ
暮らしと珈琲 みちみち種や


【今後の演奏予定】
10月12日(土) 室蘭焼き鳥のTen
10月31日(木) カフェギャラリー オマージュ
11月21日(木) musica hall cafe
12月8日(日) チエモクファクトリーショップ小別沢


【公式サイト(曲の試聴ができます)】
つみきレコード
通販ページ