札幌市電とコラボ!黒羽陶工房「さっぽろ丸豆皿」に路面電車の新作柄登場

黒羽陶工房の作家・黒羽じゅんさんが作る「さっぽろ丸豆皿」は、札幌スタイル認証製品の「札幌を楽しむ器シリーズ」のひとつ。札幌を舞台にうさぎが紡ぐ物語を、手描きの柔らかな絵柄で一つ一つ丁寧に染め付けした磁器のシリーズです。

手描きの柔らかな絵柄が特徴で、コレクターも多数!

この2022年の春、新作の豆皿が登場し、JR札幌駅直結「札幌スタイルショップ」でのお取り扱いが始まりました!

絵柄は、札幌の路面電車を描いた「ポラリスの春」、北海道的お花見スタイルを描いた「ジンギスカンお花見」の2種で、どちらも札幌の印象的な風景です。
 

「ポラリス」は2013年5月5日より運行が開始されたA1200形の路面電車。白と黒を基調とした外観で、札幌の都市の先進性や、爽やかな気候風土などをイメージした街並みに溶け込む、洗練されたデザインです。2018年には新型低床車両1100形の「シリウス」も仲間に加わりました。

「みんながポラリスを利用する様子を、桜の花吹雪とともに描きました」と黒羽さん。札幌市交通局より許可もいただき、札幌市電と札幌スタイル認証製品・黒羽陶工房「さっぽろ丸豆皿」のコラボが実現しました!

 

ポラリスの春

~黒羽さんコメント~
札幌の街をやさしいスピードで走るポラリス。

ポラリス、シリウスはとてもスタイリッシュで洗練されたデザインの車輌ですが、格好よさと同時に親しみも感じます。

それは、きっと車輌も運転手さんも、札幌市民のスタイルに寄り添ってくれているからではないでしょうか。その親しみやすさを込めて1枚1枚、描きました。

車輌は直線部分が多く、ひとつひとつ描くのは難しいですが、描くたびに窓の形やタイヤの場所、連結部分の位置など、これまで意識していなかったポラリスの姿を繰り返し味わうことができ、楽しい作業です。

「さっぽろ丸豆皿」のシリーズでは初めての乗り物の柄になります。札幌の生活を描いた、という点でもよりローカルな題材で、これまでとは視点が違った絵柄になります。ぜひ札幌の皆さんにもお楽しみいただけたらと思います。


ジンギスカンお花見

~黒羽さんコメント~
札幌では定番のお花見の風物詩、桜の季節にお外でジンギスカンを楽しむ様子を描きました。

桜の時期も札幌はまだまだ肌寒さが残るのですが、屋外でのジンギスカンはそうした遅い札幌の春をみんなで歓迎する、貴重な機会にもなっています。「私も、早く札幌流のお花見を楽しみたいな・・・」という思いを込めて描きました。


札幌スタイルショップでお取り扱いしています

JR札幌駅直結「札幌スタイルショップ」では、「さっぽろ丸豆皿」以外にもマグカップやお猪口、箸置き、マグネットなど黒羽陶工房のおすすめ商品を展示販売しています。

黒羽陶工房さんの作品の魅力は、一枚一枚、手描きのうさぎの表情が違う所。是非お気に入りのうさぎや思い出の風景を見つけてください。

豆皿の柄も豊富に揃っています。さっぽろ雪まつりや、さっぽろテレビ塔、羊ヶ丘展望台など、札幌の観光地を旅するうさぎたち。

2022年の北京オリンピックで日本人選手が大活躍したカーリング、スキージャンプ、フィギュアスケートに挑戦するうさぎも!

商品タイトルにもくすり。ちょっとドジなうさぎもいます。

ギフトにもおすすめです。

春を喜ぶ陽気なうさぎたちの箸置きは季節限定商品です。

黒羽陶工房さんの商品は季節によってお取扱商品が変わります。ギフトに、ご自分用に、是非ご利用ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【札幌スタイルショップ】


住所:札幌市中央区北5条西2丁目5 JRタワーイースト6階展望室エントランス
TEL:011-209-5501
営業時間:10:00-20:30 / 年中無休
http://www.sapporostyle.jp/shop/official-shop


【札幌を楽しむ器シリーズ】

札幌スタイル認証製品紹介ページはこちら


【公式サイト】
黒羽陶工房
札幌市交通局
札幌市交通事業振興公社